育成型のドラゴンクエストシリーズ

ドラゴンクエストといえば王道RPGとしてその知名度は非常に高いものですが、私にとっての「ドラゴンクエスト」は、ポケモンに並ぶ育成ゲームなのです。
なにせ、小学生時代に「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド」をプレイした、いわば直撃世代だったのですから。
今でもなぜあそこまでヒットしていたのか疑問に思うぐらい、このゲーム、とにかく流行りました。
当時はゲームボーイカラーが発売する前後の時期でもあったため、ゲーム画面がモノクロからカラーへと鮮やかに切り替わる比較図が、テレビでも雑誌でも頻繁に写し出されていた思い出があります。
あれは当時のちびっ子代表としても、本当に驚きの事件でした。
またゲーム自体についても、ポケモンよりいち早く「モンスター同士の配合」に特化した成長システムがまた面白く、モンスターの進化表を目当てに、いくつもの攻略本が発売され、友達同士で違う攻略本を揃え、いろんなことでとにかく頭を悩ませていた思い出があります。
最近になって、このゲームのリメイクであったり続編であったりが、定期的に発表されるようになりましたね。
当たり前のように映像が綺麗になった作品ばかりですが、初代のあの衝撃を子供時代に感じてしまった身としては、未だに物足りなさを感じてしまうのは、自分が大人になってしまったから……なんでしょうかね。